【体験談】大磯ロングビーチのパラソルの予約方法!おすすめのエリアもご紹介します♪【口コミ】

アイキャッチ おでかけ

湘南にあるプールリゾートとして人気の「大磯ロングビーチ」。

プール利用者が予約できるパラソルやテントのレンタルがあります。

持ち込んだ荷物を置いたりデッキチェアでのんびりできる上、食事もゆっくり取れるのがパラソルのメリット!

もしロングビーチに遊びに行くのであれば、パラソルやテントをあらかじめ予約しておくことをおすすめします。

我が家も事前にビーチパラソルを予約しましたが、当日めちゃくちゃ楽に過ごせました!

今日は大磯ロングビーチのパラソルの予約方法や「どのパラソルを選べばいいの?」といった疑問を解決していきたいと思います!

また、別記事で大磯ロングビーチに子供連れで行くときに必要な荷物などをまとめた体験記もあります!

「基本情報を知りたい!」という方はまずはこちらをチェックしてみてください♪

【体験談】大磯ロングビーチに子ども連れで行ってきた!どんなプールがあるの?持っていくと便利なものは?
こんにちは!主婦ブロガーのりさです。 都心から1時間で行ける日本のハワイを見つけたので、詳しくレポしますー! 常夏の島、ハワイ…家族旅行の憧れですよね♪ でも子供と一緒に長時間のフライトに耐える...
大磯プリンスホテルは家族旅行におすすめ!1泊2日でプールや食事・部屋を堪能♪
主婦ブロガーのりさです! 先日家族旅行で湘南に行ってきました♪ 今年の夏、初めて神奈川県の大磯にある大磯プリンスホテルに1泊2日で旅行してきました! 大磯プリンスホテルといえば隣接されている大磯...
スポンサーリンク

どんなパラソルがあるの?料金は?

大磯ロングビーチでは、様々な種類のパラソルやテントがレンタルできます。

大きく分けて以下の2種類。

  1. 誰でも使えるパラソル
  2. ホテル宿泊者のみ使えるパラソル

料金はハイシーズンからローシーズンまで6つの期間に分かれていて、値段もカレンダーによって変わります。

これは2018年の例です。

2018カレンダー

例えば最も混み合うお盆の期間はE期間で値段もビーチパラソルで4500円〜と高いですが、一番安いA期間は1000円から借りることができます。

誰でも使えるパラソル

パラソル

まずは誰でも利用できるパラソルの説明から!

こちらの地図にピンクで表示されている場所は誰でも使えるパラソルとテントになります。

種類は大きく3種類。

  1. ビーチパラソル
  2. ファミリーテント
  3. 大磯ヒルズ

ここから1つずつ簡単にご説明していきますね♪

ビーチパラソル

ビーチパラソル

レンタルで最も手軽なのがビーチパラソルです!

パラソルとデッキチェア2脚のセットで、我が家もこちらを利用しました。

メリットは価格(一番お手頃)と、ロケーションが良いエリアが多いこと。

3〜4人家族であればこちらで十分だと思います。

レンタル価格:1000円〜4500円

2脚じゃ足りない場合は、椅子が4脚つくファミリーパラソルもあります!

ファミリーテント

ファミリーテント

大人数のファミリーにおすすめなのがファミリーテントです!

大人10人ほどでも利用できますし、何よりテントなので日差しからしっかりガードしてくれます。

レンタル価格:3000円〜12000円

大磯ヒルズ

大磯ヒルズ

ゆっくりリゾート気分を味わいたいという方には、大磯ヒルズがおすすめ

大磯ロングビーチを見渡せる場所にあり、バスタオル2枚とドリンク2杯がつきます♪

レンタル価格:9000円〜15000円

宿泊者専用パラソル

ホテル宿泊者専用エリア内にもパラソルやゆっくり過ごせるカバナなどがあります。

予約時にはホテル宿泊者がもらえる認証コードが必要になります。

デザインもおしゃれなので、非日常感を求める方におすすめ♪

サンラウンジャー

デイベッド

ソファ席のようなサンラウンジャーはまるでバリ島のリゾートみたいですよね♪

日よけもしっかりしているので、おしゃれにくつろぎたいけど日焼けしたくない!という人におすすめ。

この他にも、天蓋付きベッドのようなサンラウンジャーもありますよ♪

サンラウンジャー1

サンラウンジャー2

レンタル料金:9000円〜15000円

おしゃれな分お値段もそれなりですね…!

プレミアムカバナ

カバナ

プレミアムカバナはソファーとチェアで7人分の席があるので、大人数で楽しみたい方におすすめ!

カーテンもついているので、個室感が味わえます♪

レンタル価格:20000円〜30000円

プレミアムデイベッド

プレミアムデイベッド

パラソルとデイベッド2台がついたプレミアムデイベッドもあります。

こちらは宿泊者専用の子供プールのすぐ前にあるので、お子さんの様子を見ながらゆったりできますよ♪

レンタル価格:8000円〜11000円

おすすめは流れるプールの近く

ここまで見てもたくさん種類があるので、「どのパラソルを選べばいいのかわからない!」と迷ってしまう方もいると思います。

かく言う私も初めてのロングビーチ。

パラソルの位置に関してはなかなか口コミが見つけられなかったのですが、様々な情報をチェックした結果、総合的に見て最も良い場所を予約することができました!

Eパラソルが一番便利

最も便利なパラソル、それはEパラソルです(断言)!!!

このEパラソル、場所でいうと流れるプールのすぐそばにあります。

価格&使い勝手から見てもこの位置がベストポジションなのでは?と個人的に思います。

というのも大磯ロングビーチはとっても敷地が広い(横に長く、全長1km)ので、パラソルの予約場所をしくじるとかなり大変です。

例えば一番端っこのAパラソルを借りたとします。

パラソル

波のプールには近くていいかもしれませんが、ウォータースライダーやキッズウォーターパラダイスなどは真逆の端っこ。

終わったらタオルのあるパラソルに戻って、またレストランのある逆側の方面へ向かう…など、かなり歩くことになってしまいます。

その点Eパラソルは敷地の中心&メインの流れるプールのすぐ近く!

トイレやレストランへのアクセスも良いので、どこに行くにも無駄がありませんよ♪

2列目以降がおすすめ

Eパラソルのマップ

Eパラソルがおすすめと言いましたが、100席近くある中からどこを選べばいいのか見当がつかないですよね。

このうち特定の席がおすすめ!というのはないのですが、避けたほうが良い場所があります。

それは1列目!

Eパラソルの1列目は流れるプールのすぐ目の前になります。

思ったよりも距離が近いので、水しぶきがかかってくるのは覚悟したほうがいいです。

さらに席の前を行き来する人もとても多いので、はっきり言って落ち着かないです。

 

もしEパラソルを予約するのであれば、2列目以降をおすすめします!

パラソルの予約方法

パラソルは大磯ロングビーチの公式ページから予約することが可能です!

通常は利用日の10日前から予約可能ですが、ホテル宿泊者は特別に6月1日から先行予約することができます!

ホテルの宿泊予約をすると、パラソルの先行予約に必要な宿泊者専用コードを教えてもらえますよ♪

大磯ロングビーチのパラソルのページの下部にあるボタンから購入することができます。

一般エリアの席購入」と「ホテルゲストエリアの席購入」の2つがあるので該当する方を選んでくださいね♪

チケット購入手順

ホテルゲストエリアの席を購入する場合は認証コードの入力を求められます。

認証コードは、ホテルを予約した際に教えてもらえますよ♪

WebKetの登録をした後に画面から予約したいエリアを選択すると、映画の座席予約のように番号が表示されます。

希望の場所を選んで予約することができますよ!

決済はクレジットカードのみとなっています。

予約が完了すると、確認のメールが送られてきます!

メールに添付されているQRコードが当日必要になりますのでお忘れなく♪

当日のチケット発券方法

続いては当日到着した後のチケット発券方法です♪

我が家はホテルに宿泊したのですが、ホテルからプールにつながる出入り口付近にパラソルの予約券を発券する機械が置いてあります。

チケット発券機

こちらにメールに添付されていたQRコードをかざします。

手前の、緑色のライトが光っているところです♪

発券の手順

すると予約確認画面が出ますので、「発券する」をタッチ。

チケットが出てきます。

発券の手順

こちらをパラソルについているカードホルダーに入れるだけです♪

チケットホルダーに装着

ホテルに宿泊しない人は、同じ機械がプールセンター内にあります!

7月は1週間だけパラソル無料!

ハッピーウィーク

少しでもお得に利用したいと方はパラソルのレンタル料が無料になる期間が狙い目です!

「HAPPY WEEK」と題して、プール開き後の1週間(2018年は7月7日〜7月13日まで)はテントとパラソルが無料となります♪

この期間は大磯ヒルズ、プレミアムカバナ、サンラウンジャーは利用不可なのでご注意を!

予約したパラソルのキャンセルはできる?

利用日前日の23:59まで予約のマイページからキャンセル手続きをすることができます!

予約日を含めて50日を過ぎるとキャンセルできなくなってしまうので、それだけはご注意を♪

もし予約したパラソルの場所を変更したい!という場合も、キャンセルをする→予約を取り直す、という流れになります。

当日チケットを購入することも可能?

パラソルに空きがある場合は当日もチケットを購入することができます。

ですがシーズンになると特に一番手頃なビーチパラソルは予約だけでも埋まってしまう可能性もあるので、遊びに行く日が決まり次第早めの予約をお勧めします♪

そもそもパラソルを借りずに行ける?

「パラソルにお金をかけるのは…」という方は、自前のテントやパラソルを持ち込むことも可能ですよ!

置けるエリアはウォータースライダーの横なので敷地の端っこにはなりますが、私が実際に行った時もレジャーテントを置いている人がたくさんいました。

場所は早い者勝ちなので、もし自分でパラソルやテントを持ち込みたいという方は早めの時間に行かれることをおすすめします♪